毎日ほっこりブログ

カテゴリ:地域( 10 )

千葉でも雪が降ると大変。東北の人は凄いですね。

今年はというか、去年の秋以降には雪が降っても積もったことがありません。
年によっては千葉でもけっこう雪が降って積もるのですが、まだ今シーズンは積もるほど降っていないので助かっています。
積もるほどの雪が降ると、どうしても雪かきをしなくてはならないからです。

駐車場の前を雪かきするためにマンションの住人が出て行ってやるのですが、寒い中けっこうたいへん。
東北の雪が多い地方の人たちが毎日のように、すごい量の雪かきをしているのをニュースで見ると、すごいな~と感心します。
ちょっと降ったくらいで雪かきが面倒だと言っているのは贅沢なお話。

あんなに雪がふる地域で住んでいたらきっとお買い物だってたいへんだろうと思います。
簡単にスーパーまで行って来るということはできないのではないでしょうか。
だったら、インターネットで注文すればいいかと思うのですが、配達は大丈夫なのでしょうか。

ニューズで宅配業者が、配達するのが面倒で荷物を放り出してるのを見ました。
雪の中、配達するのはもっとたいへんでしょう。
雪が溶けて早くあったかい春が来てくれるといいなと思います。
今年の春はどこにお花見に行こうかな~
東北の桜もきっときれいでしょう。

e0322479_19224895.jpg
[PR]
by blackcoffeejp | 2017-01-31 19:22 | 地域

遊園地で生まれてはじめてのバンジージャンプをしました。

先日、岡山にある遊園地に友達と遊びにいってきました。
瀬戸内海がよく見える場所にあるその遊園地は、何にのっても景色がよくてアトラクション以外の楽しみが多いところが魅力です。

絶叫係のアトラクションが好きな私たちは、まずはそれらの乗り物を全て制覇しようと色々と回りました。
幸いにもその日は入場者が少なくてほとんど待たずに乗れたので、朝一で入場して午前中でほとんど乗り終わり満足感でいっぱいでした。

少し落ち着いて休憩していると、外国人パフォーマーのサンバやブラジリアンパレードなどが行われはじめ、見ているだけで楽しい気持ちになりテンションも上がりました。
パフォーマンスを見ながら喫茶スペースで食事をすませ、お昼からはユルい乗り物に乗ろうということでのんびり楽しんでいたのですが、やはり絶叫好きの私たちには少し物足りなくなってきて、園内にあるバンジージャンプに挑戦しようということになりました。

誰が始めに挑戦するかでかなり問題になりましたが、結局じゃんけんで負けた私が一番手になってしまいました。
絶叫系が好きとはいえバンジージャンプは初めての経験です。
安全道具を体に装着し、インストラクターの方に飛び方をレクチャーしてもらい、いざ飛び込み台へと向かいました。
上まで到着して周りを見渡すと、恐ろしいほどの高さで高所恐怖症でない私でも足が震えたほどです。

しかし、ここまで来たからにはやめるわけにはいきません。
「どうせ飛ばなければならないのなら早く済ませたい!」そう思った私はインストラクターの掛け声と共に思いきって飛び込みました。

自分が物凄いスピードで落ちていく感覚、そしてその時に見えた瀬戸内海の見渡す限りの美しい海と島々は、飛びながらで気持ちに余裕がなかったにしてもはっきりと覚えています。
「鳥ってこんな気分なのかな?」と一瞬の間に強く思ったほどです。
恐かったというのが一番の本音ですが、恐い思いをしてもあの景色と鳥になったような気分は貴重な体験で、バンジージャンプをして良かったと思います。

思う存分絶叫しながら乗り物に乗り、たくさん遊んで充実した一日となりました。
また機会があればいきたいなぁと思います。

e0322479_19152234.jpg
[PR]
by blackcoffeejp | 2016-10-26 19:15 | 地域

東京の地下鉄はわかりにくいです…

私は、昔関西に住んでいたことがあり、大阪の地下鉄にも何度も乗りましたが、大阪の地下鉄は、筋ごとに走る地下鉄と、その筋とは直角に交わる地下鉄があり、行きたい場所は、筋さえわかれば、どの地下鉄に乗ればいいのか、すぐにわかりました。
しかし、東京の地下鉄は、何度行ってもわかりにくいです。
東京の住んでいる、もしくは東京で仕事をしている人にとっては、普通な事なのでしょうけど、たまに行く人間としては、ネットで検索して地下鉄で行くルートを示された場合、困惑してしまいます。
関西の私鉄のように、地域ごとに会社が分かれているのならいいのですが、会社が違う地下鉄が同じ地域に2社併設されているのが問題だと思います。
先日、メトロの1日券を買ったのですが、最初の目的地はメトロでいけたのですが、次の目的地は、都営地下鉄が最寄りの駅で、メトロの1日券は使えませんでした。
それから、さらに別の地域に行こうと思ったのですが、今度は山手線を使うのが最も早く、またもメトロは使いませんでした。
こんな感じで、メトロを使ったのは、最初の一区間だけで、1日券が高くついてしまいました。
別に損をしたから言うわけではないのですが、東京の2社併設の地下鉄網をなんとかしてほしいですね。


[PR]
by blackcoffeejp | 2015-03-19 21:07 | 地域

沖縄の老人ホーム

50代も後半になり、老後のことなど考えるようになりました。65歳を過ぎたら、思い切って施設に入るというのもアリかなあ、などと思って、いろいろ調べたりしています。私は年金額が低くなる予定なので、あまり高級な施設には入れません。この経済状況でも入れるところがないか、などと思いながら見ています。
憧れの沖縄の施設はどうかな、と思って検索だけしてみました。何しろ寒いところが苦手で、沖縄は冬がなくていいなあ、と思っていたところです。沖縄の海が見える施設なんて、最高だよなあ、などと思って見ていたら、そういう理想に近い施設がいくつも見つかりました。思い切って沖縄の施設に入るという手もあるかもしれないと心が動きましたが、子供たちが面会に来るのが大変だろうし、周りに迷惑だからちょっと無理かな、と、とりあえずは見て楽しむだけです。費用はこちらの地元の神奈川県の施設よりも安く入れる施設があるようで、少し現実的に考えてしまいました。
沖縄の海を眺めながら、老後を過ごすというのもいいなあ、などと、まずは夢想にふけっていました。現実化するのは難しいでしょうけれども、入れそうな施設があるのが分かっただけでも嬉しかったです。


[PR]
by blackcoffeejp | 2015-02-22 16:42 | 地域

初めてのニューヨークへ

学生時代の親友は、就職活動をせずに、ニューヨークへ留学しました。元々、英米文学科に所属しており、英語の成績が極めて優秀だったので、その語学力を更に磨きあげるための留学でした。
数年後には、日本に戻ってくると言っていたのですが、ニューヨークの語学学校へ通い、そのまま現地で就職してしまいました。もう、かれこれ10年暮らしています。
時々、一時帰国しているので、その時は会っていますが、学生の頃はいつでも会えたのになぁと寂しい気持ちでいっぱいになります。そして、いつか私の方から会いに行こうと決めていました。そして、私は仕事を2週間もお休みできるタイミングがあったので、何の迷いもなくニューヨークの親友に会いに行こうと決めました。
親友に、会いに行きたいと連絡すると、快諾でした。しかも、2週間泊まらせてくれると言うのです。私にとっては、すごくありがたい話でした。
初めてのニューヨークは、テレビで見るような華やかな街で、そんなところで活躍している親友のことが、羨ましくもなりました。アメリカ人の彼氏のことも紹介してくれました。2人は、結婚も視野に入れていて、近々一緒に暮らし始める予定だそうです。そうなると、本当に一生ニューヨークで暮らすのかもしれないですが、また会いに行きたいと思いました。


[PR]
by blackcoffeejp | 2015-01-19 14:28 | 地域

武蔵小杉にできたグランツリーに行ってきた

横浜と渋谷のちょうど真ん中に位置する武蔵小杉駅近くにできたショッピングモールグランツリーのプレオープンに行ってきました。
普通はプレオープンと言うと、周辺に住んでいる人や限られた人しか入れないという印象ですが、なんとここは誰でも入店OKということで開店の1時より少し早目に到着すると、なんとすでに大行列ができていました。
周りを超高層ビルに囲まれたショッピングモールはちょっと高級感もありワクワク。
待つこと30分ちょっとして開店するとたくさんの人が入っていき、私も早速エスカレーターでまずは4階からチェック。
4階はキッズやファミリー向けと言うことで、親しみやすい安価なフードコートや子どもが遊ぶところなど、もしこんな小さな子どもがいたらきっと楽しいだろうなぁと思うフロアでした。
そして3階は、広い書店や楽器屋、雑貨屋にインテリアフロアがあり、これまた面白い。
そして2階は西武そごうといういわゆる百貨店がワンフロアにあり、なんとも不思議な作りだった。
そして1階は、大きな木があったと思ったら、なんと葉っぱが鶴!?
その周りでは鶴を作っている人がちらほら。
なんとも楽しい!そして小杉には少なかった飲食店の多さもまた魅力的で、神奈川初出店や今まで見たことのないお店も色々入っていました。
プレオープンは金曜日だったのですがそれでもすごい人だったので、土日だったらどんなにすごい人が来ることか。
いままでこの周辺では買い物と言うと横浜や川崎に行かなければいけなかったけど、今後はさらに買い物の幅が広がりそうです。


[PR]
by blackcoffeejp | 2014-11-27 12:49 | 地域

鯉のぼりの世界進出

東京都江戸川区にある葛西臨海随俗縁が、まだ上野動物園内の水族館だった頃、当時の館長は日の丸を掲げるよりも親しみ深いと、鯉のぼりを水族館のシンボルにしようと思いつきました。
当時の水族館は、本物の肴を買う余裕もない経営状況でしたが、子どもが大きくなって使わなくなった鯉のぼりをもらうなどして、なんとか8組の鯉のぼりを集めることができました。
そして、鯉のぼりは毎年、春から秋まで水族館の屋上で気持ち良さそうに及び、いつしか水族館の名物になりました。
その間、外国の動物園や水族館の関係者が、しばしば見学に来ていました。
そして、彼らの多くは屋上を泳ぐ鯉のぼりに注目し、文化的な背景も聞いて、自分の国の施設でも飾りたいというようになったそうです。
ただ、水族館には相変わらず予算がなく、お土産に鯉のぼりを渡すこともできません。
台東区浅草橋の問屋街で買えますよと伝えるのが精一杯でした。
それからしばらくして、館長がアメリカのサンディエゴにあるシーワールド水族館を訪れると、水族館の屋上に2匹も3匹も鯉のぼりが泳いでいるのを見つけます。
また、ドイツのケルン動物園に行ったときにも、鯉のぼりが空高く舞っていました。
日本に鯉のぼりが海を渡り、動物園や水族館に来た世界中の子ども達を楽しませているのです。


[PR]
by blackcoffeejp | 2014-09-17 11:59 | 地域

神社の鯉とお参りした理由

昨日は、浦添のヤクルトキャンプに行った後、帰りの神社でお参りに行ってきました。
ここの神社には弁財天の神様(財の神様)が奉られています。拝むところの近くには滝があり、滝の先には池があり、その池の中で鯉が口をぱくぱくさせています。
ちょうど、お参りを済ませたお子様がいらして、えさをあげていました。向こう見ずな次男は「僕にもちょうだい」と言って、お子さんのお父さんに話しかけていました。
私は「またか。まいったな~」と思いましたが、運がいいことに「時間がないから、このえさ全部あげる。」と言われ、残りのえさをいただきました。
さて、次男がえさをあげると、食べること食べること。
それは皆30cmくらいの大きさの鯉で子供達が顔を出すだけでも口をぱくぱくしてきました。
まるで、衝動買いの欲までも食べてくれそうです。
さて、弁財天の神社に立ち寄ったのには理由があります。
最近は長男が「どうすればお金がたまるんだろう」と毎回のように言ってきます。
どうやら、欲しいものがたくさんできたようです。
長男は今、寝ても覚めてもバトルスピリット一色です。
そして、強いカードを揃えることに全勢力を注いでいます。
お小遣いをもらうとすぐに使ってしまう長男の戒めのような形で、欲しいものが買えるまでお金を貯められるように、自身に誓わせるためにお参りしたのでした。


[PR]
by blackcoffeejp | 2014-08-22 09:36 | 地域

新潟の食生活は豊かです

新潟県ってどこにあるか知っていますか?
結婚して関東から引っ越すとき、周りの友達は知りませんでした。
山形、福島、群馬、長野と富山に囲まれています。

魚沼産コシヒカリや日本酒は、有名でとってもおいしいのですが、
他にもたくさんおいしい食べ物がたくさんあります。

苺は越後姫。大きくて甘いです。迫力があります。
洋梨のルレクチェも、とろりとしてとっても甘いです。

ねぎっこというねぎも甘くて柔らかいです。煮ても焼いてもおいしいです。
雪下にんじんというのも、甘い。嫌な味がしません。
夏になれば、枝豆。黒埼茶豆は濃厚で美味。新潟の夏に枝豆はかかせません。

魚は、スーパーで売っているものでもおいしいです。
地元の回転寿司に行くと、いろいろな魚が揃っています。
お肉も、村上牛、越後もち豚、新潟地鶏、越の鶏。

おいしいものが多すぎて、体重が大変なことになっているのが悩みです。
特に秋冬は、魚沼産コシヒカリがおいし過ぎます。
大人でも、どんぶり一杯軽くいけます。おかわりだってできると思います。
普段のお米は、地元の農家さんから直接玄米で買って、一袋ずつ精米機に行って精米しています。

結構贅沢な食生活です。
私はどんどん太ってしまったのですが、太った人はそう多くないのが謎です。
私は、そろそろ本気でダイエットしなければなりません。


[PR]
by blackcoffeejp | 2014-08-16 12:02 | 地域

地蔵参り

お寺の地蔵参りに参加した。
というのも、来月当番にあたるからだ。
カラオケに行く母の代わりというのが建前だが、カラオケがなくても「行け」と言われそうだ。
2軒1組で数年ごとに当番が回ってくるらしい。
前回も母が足が痛いという理由で私が行かされた。
数年ぶりなので、前回と変わったことにいくつか気づいた。
1つは座椅子。
たしか前回はなかったと思うけど、年寄りが増えたせいか腰掛座椅子が5つほどあった。
もう1つは参りの後に配られるお菓子。
以前は地区で2つある店のうち、交互に菓子を頼んでいたらしいが、1つの店は閉めてしまったらしい。
それではもう1つの店が担当しているのかと思ったら、今は区長さんがスーパーで安いお菓子を買ってくるそうだ。
なので、以前はアラレっぽい菓子だったと思うけど、今は子供用の小さなスナック菓子だった。
それにしても、区長さんてホント雑用係だなあ。
お経はいつもの禅宗のお経と、地蔵さんのお経が半分。
地蔵さんのお経は普段読まないからよくわからないが、ちゃんと経本も用意されている。
それで30分弱か。
終わったらすぐに帰れるのかと思いきや、何やら井戸端会議ならぬお堂内会議の世間話が始まった。
こうして情報交換しているのだろうと思った。
[PR]
by blackcoffeejp | 2014-04-23 17:57 | 地域


心がほっこりするブログ