毎日ほっこりブログ

カテゴリ:恋愛・結婚( 4 )

束縛したい彼と自由気ままな私

私には今同棲している彼がいます。
甘えんぼで子供っぽい彼なのですが、彼の束縛がかなりうっとうしくて困ってます。

仕事柄休みがバラバラな私と、基本的に週末休みの彼。
休みが合う日は一緒に過ごしますが、休みが違うと大変。
彼からの、「何をして過ごすの?」「どこかに行くの?」攻撃がまず面倒なんです。
自分の目の届かないところで何をしているのかが気になって仕方ないのか、休みの予定をとにかく聞いてくるのです。

休み当日、彼が仕事に行くと今度は「今どこにいるの?」「今何してるの?」と必ずといっていいほど連絡がきます。
無視をすると後が大変なので、仕方なく答えます。
そんなに私が何してるか気になるのかしら。
別に浮気するわけでも遠くに行くわけでもないんですが。
彼が帰ってくる時間までにはちゃんと家にいて待ってるし。

私は結構マイペースでひとり行動が好きなので、その日気の向いたままに行動するのが好きなんです。
だからあらかじめ予定をたてることもあまりないので、聞かれても正直困ります。
私がひとりでいろんなとこふらふらしてるから、彼も余計に気になるのかもしれませんが。

でもたまにはのびのび誰にも干渉されずに過ごしたい時だってあります。
どうしたらそれをわかってもらえるのか…悩みどころです。


[PR]
by blackcoffeejp | 2015-03-19 21:06 | 恋愛・結婚

最近のバレンタインデー、ホワイトデー事情

娘がバレンタインに、友チョコとやらをもらってきた。
もう最近の子は、バレンタインデーに好きな男の子の家に行ってチョコ渡して告白!とかは、ないらしい。
ふーん。学校で「放課後図書室に来てください。」とかもないのかあ。
つまらないなー。
でも今思えばよくそんなことやってたなー。
そんなことしたら絶対からかわれるよね。
男子もバレンタインデーは登校するのちょっと緊張したりしてたんだろうなあ。
私もドキドキしてあげたような気がする。
友達があげるからその付き合いで、みたいな、軽いものだったけど。
今はもうひたすら友達どうしでやりとりするイベントになっているようで、かわいらしくラッピングされた手作りチョコをもらってきた。
もらったからにはもちろんお返しをせねば。
何つくろうかなあ。無難にチョコチップクッキーとかかしら。
あんまり豪華なものもだめだし、かといってしょーもないとか思われてもいやだし。
ここはちょっと母としてはいいとこみせないと。
夫は毎年のことだけど、いかにも「義理です!!!」って感じの「職場有志より」っていうチョコをもらってきた。
有志って、なんか面白い。
夫も「お返ししょーもなっ。」って言われないように、ちょっといいとこのチョコレートでも買いに行かないと。


[PR]
by blackcoffeejp | 2015-03-12 12:54 | 恋愛・結婚

もうすぐ結婚記念日

もうすぐ結婚して丸1年になります。
妻には色々支えてもらって、本当に感謝です。
出会いは沖縄でした。
私は、社会人になってからスキューバダイビングを趣味にしており、年に2回程は沖縄へダイビング旅行に行っていました。
海の中は本当に素晴らしい世界で、何度潜っても飽きることがありませんでした。
でも、1人で参加するばかりで一緒に潜る人がいればいいな~とは思っていました。
そんな時、妻と出会ったのです。
妻も1人でダイビングに参加しており、私と同じように一緒に潜る人を探していたそうです。
すぐに意気投合して、それからは日程を合わせてダイビング旅行に行くようになりました。
そして、偶然にも私の転勤で同じ街に住むことになり、そこからは男女の交際がスタートしました。
スキューバダイビングという共通の趣味があるうえに、性格や好みなど色々な点で似ているところがあり、交際はとってもスムーズでした。
交際して2年目の夏に沖縄県の宮古島へダイビングに行った時にプロポーズしました。
それからはお互いの親への挨拶など、話がトントン拍子に進み、見事ゴールインとなりました。
そして今、妻のお腹には新しい命が宿っています。
明るく楽しい家庭を築いていけたらなと思います。


[PR]
by blackcoffeejp | 2015-02-03 13:08 | 恋愛・結婚

人の恋人を奪っても幸せにはなれない

10年前、毎日のように通っていた喫茶店には、たくさんの男女の恋が行き交っていた。
ある日、いつも彼と仲良くコーヒーを飲んでいたA子さんが、カウンターで一人泣いていた。
どうかしたのかと聞いても、何も言わず、黙って声を押し殺して、前を向いて耐えている様子が痛々しかった。
しばらくして、彼に振られたのだと知った。
相手の女性は、私もA子さんも顔馴染みの、店の常連のS子だった。
S子は彼と駅で偶然会い、話をしているうちに、S子が彼に抱きついたそうだ。
たぶん、喫茶店で皆と雑談しているうちに、互いにシンパシーを感じるようになったのだろうけど、S子は他の男性にもモテた。
何も、友人の彼を奪わなくてもいいのに、という気持ちが、当時の私達にはあった。
実は、常連の中に、私のことを好きだと言ってくれた男性もいた。
たまたま皆で海水浴に行く話が出たが、その日私に用事があって行かなかった。
次の日、私の好きなその男性とS子が、ふざけながら皆の前でキスをしたと聞いた。
それから、A子さんの元彼とS子は結婚した。
彼とS子は、今、幸せのままでいるのだろうか。
そうではないことを期待する気持ちが、いつも私の中にある。
そして、友達に彼を奪われたA子さんの辛そうな顔を忘れられない私は、恋人のいる男性には恋心を抱かないようになってしまった。


[PR]
by blackcoffeejp | 2014-08-25 10:11 | 恋愛・結婚


心がほっこりするブログ