毎日ほっこりブログ

在宅に潜む危険

私は普段在宅で働いています。
会社に出勤するのは1ヶ月に1-2回です。
同僚や上司との会話、ミーティングも全てネットを使ってのタイピングチャット、または急ぎの用件は電話でしています。
そのようなスタイルで何年もやってきました。
小学生の子供が二人いるので、夜もほとんど出かけることもなく、本当に家で過ごすことが多い生活なのですが、先日久々に友人たちとごはんを食べに行き、楽しいおしゃべりをして帰ってきてびっくりしました。
なんと、一晩で声が枯れていたのです。
しかも友人とごはんを食べながら話したのなんて数時間。
その数時間に機関銃のようにしゃべったにはしゃべったのですが、数時間で声が枯れるとは。
家で仕事をしているので、人としゃべる機会は滅多になく、いつも話すとなると、小学生の子供二人に夫だけです。
話す内容も毎日同じようなことだし、興奮してしゃべりまくるなんてまずありません。
あまりにも声にだして話す機会が少なすぎるためなのか、友人と久々に話しただけで声まで枯れるとは。
在宅してて思うのは、他にも、例えば会話ではなく、顔の見えない相手と文字で話すことがほとんどのため、自分の頭の中で考えては一人で完結してしまったり、しゃべるのが億劫になってしまったりと、在宅というスタイルはとてもありがたいのですが、その反面危険な側面もあるのだなと最近思い始めています。


[PR]
by blackcoffeejp | 2015-08-11 23:47 | 資格・仕事
<< 「家族ごっこ」を観た。 近所に大手回転すしチェーンがオ... >>


心がほっこりするブログ