毎日ほっこりブログ

E.T.を見た

先日、私はE.T.を見た。
私は過去にこの映画を見たことがある気がしていたのだが、実は見たことがなかった。
どうしてそのような勘違いをしたかというと、学校の授業で一部だけ見せられたからだ。
だから全編通して見たのはこれが初めてということになる。
宇宙人E.T.が地球にやって来て少年と交流し、そして自分の星に帰っていく。
これぐらいは見たことのない人でも知っている。
私も知っていた。
しかしE.T.が瀕死に陥ることは知らなかった。
地球の環境が合わなかったのか、宇宙船と離れてしまったからか、とにかくE.T.は衰弱してしまう。
E.T.を匿っていたエリオットの家に科学者たちが乗り込んで手を施すが、結局どうにもできずにE.T.は死んでしまう。
「え?死んじゃうの!?」というのが、この時の私のリアルな感想である。
E.T.が死んでしまうような暗い話というイメージが全くなかったので驚きであった。
しかもE.T.が咲かせた花が枯れるというそれらしい演出まで仕掛けてくる。
悲しみに暮れるエリオット。
その時E.T.の胸が赤く輝いて生き返る。
もしかしたら死んでいなかったのか、宇宙船が近づいたから蘇生したのか、よくわからない。
とにかく迎えの宇宙船が来るというので、エリオット達はE.T.を連れて家を飛び出す。
そしてあの少年たちの自転車が飛ぶ例のシーンだ。
あのシーンはワイヤーで頑張ったのか、合成なのか。
どうやって撮ったのかはわからないが、素晴らしいシーンだ。
見てよかった。そう思わせる名画であった。


[PR]
by blackcoffeejp | 2015-04-19 11:55 | エンタメ
<< クロノグラフとムーンフェイズ グリコピアイーストに行きました >>


心がほっこりするブログ

by blackcoffeejp