毎日ほっこりブログ

早くこの治療薬が完成するといいな

日本は今超高齢化社会を迎えようとしている。
医療の進歩で寿命はのびた。
代わりに新しい問題も発生してしまう。
認知症です。
ひとくちに認知症と云っても、いろいろある。
良く聞くものがアルツハイマー病です。
アルツハイマー病は、異常なタンパク質「タウ」が脳にたまりその為神経細胞が死んで記憶障害を起こして発病する。
タウは多数のアミノ酸がつながってできているらしい。
このアミノ酸にくっつく抗体を開発したとの事。
これを記憶障害を起こしたマウスに一週間に1回、1ヵ月間投与したら異常なタウを減らせたそう。神経細胞死を減らせたという。
これはすごいことだと思う。
マウスの実験では記憶障害を改善したらしい。
もしこれが近々投薬できるようになれば画期的な事だ。
今もアルツハイマー予備軍は多数いると思われます。
健康寿命をすこしでも長くするためにも早くできてほしい。
両親も高齢で、実際アルツハイマーの別の薬を飲んでいるがあくまで症状を押さえるだけとお医者様に言われている。
進行を遅らせるだけなので、症状は進んでいくと言われちょっとショックを受けているところだった。
みんなこんな思いを抱いているのではないかと思う。
どんなに親身に介護をしても、「あなただーれ」と言われるのは辛いものです。
お互いに幸せに過ごす為にもこの薬に期待したいです。


[PR]
by blackcoffeejp | 2015-01-13 13:57 | 病気
<< 大人のお菓子の我が家の人気度 スマホがフリーズするようになった。 >>


心がほっこりするブログ

by blackcoffeejp