毎日ほっこりブログ

アレクサンダーテクニークって知ってますか

タイトルを見て「?」と思った方も多いでしょうね。
要約すると「体の悪いクセに気づき、それをとるためのメソッド」です。
ダンスや楽器演奏をする人がレッスンをうけていることが多いようです。
私も楽器を吹いてて、もっと上達したいってことでレッスンを受けたのです。
悪いクセといってもはたから分かるような「姿勢が悪い」とか「貧乏ゆすり」をするということじゃないんですよ。
そこで、もうひとつのキーワードがボディマッピング。
自分の体を認識するってことなんですが、案外自分の体なのに誤った認識をもっているんですね。
たとえば頭。
頭ってどこから上が頭でしょう?
首ってどこまででしょう?
「え、アゴからじゃないの」私はそう思ってました。
だけど骨格の絵でも見て下さい。
頭蓋骨の底ってもっと上。
下あごは頭蓋骨そのものじゃないのですね。
頭そのものは耳の後ろで首とつながっているのです。
だから動くのはここなんです。
下あごの高さで頭を動かそうとすると余計な力が入って痛くなったり肩が凝ったりするんですって。
なるほど、意識の仕方ひとつで首が楽になりました。
腕も膝も足の付け根もおなじこと、実際の関節と自分が思ってる”曲がるところ”にズレがあると、本人は気がついてないで不要な力が入ってしまうのです。
つまりこういうクセを見つけて直すのがアレクサンダーテクニークです。
友人とレッスンを受けに行ったら、私はいちいち「!」「!!」だったのですが、友人はいまひとつ実感がない様子。
私ってよほどボディマッピング間違っていたんでしょうね。
介護で人の移動にも役に立ちますし、これって医療や介護の方々も知っておくとといいんじゃないかなと思います。


[PR]
by blackcoffeejp | 2015-01-05 22:29 | 健康
<< スマホがフリーズするようになった。 カラコンを使う際の注意点 >>


心がほっこりするブログ