毎日ほっこりブログ

神社の鯉とお参りした理由

昨日は、浦添のヤクルトキャンプに行った後、帰りの神社でお参りに行ってきました。
ここの神社には弁財天の神様(財の神様)が奉られています。拝むところの近くには滝があり、滝の先には池があり、その池の中で鯉が口をぱくぱくさせています。
ちょうど、お参りを済ませたお子様がいらして、えさをあげていました。向こう見ずな次男は「僕にもちょうだい」と言って、お子さんのお父さんに話しかけていました。
私は「またか。まいったな~」と思いましたが、運がいいことに「時間がないから、このえさ全部あげる。」と言われ、残りのえさをいただきました。
さて、次男がえさをあげると、食べること食べること。
それは皆30cmくらいの大きさの鯉で子供達が顔を出すだけでも口をぱくぱくしてきました。
まるで、衝動買いの欲までも食べてくれそうです。
さて、弁財天の神社に立ち寄ったのには理由があります。
最近は長男が「どうすればお金がたまるんだろう」と毎回のように言ってきます。
どうやら、欲しいものがたくさんできたようです。
長男は今、寝ても覚めてもバトルスピリット一色です。
そして、強いカードを揃えることに全勢力を注いでいます。
お小遣いをもらうとすぐに使ってしまう長男の戒めのような形で、欲しいものが買えるまでお金を貯められるように、自身に誓わせるためにお参りしたのでした。


[PR]
by blackcoffeejp | 2014-08-22 09:36 | 地域
<< レモン塩に挑戦して主婦力アップしよ 自由が丘でお買い物。 >>


心がほっこりするブログ