毎日ほっこりブログ

想像を絶する辞書作りの苦労!

2013年に公開した映画「舟を編む」を観ました。
松田龍平さんが主演の映画です。
ストーリーは、元々言語学を勉強してたけど今は冴えない営業マンだった松田さんが、会社の辞書作りの課に引き抜かれて、辞書作りに勤しむようになるという映画です。
この映画を観て驚いたのは、なんといっても辞書作りの大変さです。
これまで普通に辞書をペラペラめくって言葉を調べていましたが、その言葉一つ一つを載せるために選定があり、言葉の説明には専門家にお願いしたり、そして紙の品質もこだわり抜いたりと、ここまで大変なのかと想像をしたこともありませんでした。
そして映画では、松田さんの辞書作りが始まってから十数年の時が流れ、ついに完成間近なところで思わぬミスが見つかり、アルバイトの学生たちみんなで徹夜をしながら、新しい辞書に載せる言葉が抜けていないか徹底的にチェックをします。
十数年という月日も膨大ですが、一からのチェック作業も本当に大変なものです。
辞書を作るためにこれほどの情熱と労力が必要だということも知りませんでしたが、映画で本当に描きたかったのは、松田さん扮する編集者の熱い気持ちだったのではないかと思います。
あの気持ちがあれば、どんなことも成し遂げられる。
それがメッセージとして心に残りました。


[PR]
by blackcoffeejp | 2014-07-31 10:47 | エンタメ
<< 造形王を3つ購入する事を決意 小説投稿サイトでランキングに入... >>


心がほっこりするブログ

by blackcoffeejp