毎日ほっこりブログ

スーパーに行って遭遇したママさん

スーパーに買い物に行きました。
30度を超えているという、真夏の日差しの中で、店舗の入り口付近に駐車してある見知らぬ自家用車の中から、赤ちゃんの泣き叫ぶ声が・・・
少し窓はあいているものの、いつもいる警備員の姿も見えませんでした。

慌てた私は、車ナンバーをひかえて、サービスカウンターへ一目散。
担当者のアナウンスによって現れたママさん曰く、窓はあけているし、まさか、寝ている子が目覚めるとは思っていなかった。との事でした。
子供は、1歳になったばかりで、まだ、歩く事が出来ないし、車のドアを開ける心配もないとの理由もつけられましたけれど、私的には未だにスッキリしていません。

スーパーの警備員の昼食時間でもあって不在だったとの、スーパー側からは、ご丁寧なお詫びの言葉を頂きましたが、あのママさんのイメージが、極々普通のママさんでしたので、今更ながらにお願いしたいです。
どうか、自分のお子さんの立場になってあげて欲しいです。

クーラーも入っていない車中で、どれだけの時間を泣いて過ごしたかは定かではありませんが、熱中症にもなりかねない事です。
犯罪にもなりかねない事です。
自分のお子さんは、自分で、しっかりと見守り、育てて差し上げて下さいね。
[PR]
by blackcoffeejp | 2014-07-04 22:18 | ショッピング
<< WiiUのカラオケにはまっています 美容室の選び方に悩む >>


心がほっこりするブログ