毎日ほっこりブログ

ゲッサン7月号 アサギロ 感想

ここしばらくは低空飛行が続いたのでちょっと心配でしたが、今回は掲載順が高めになっています。
展開がスローペースになっているのはアンケがとれていると考えていいんですかね、ゲッサン読者にはあまり受けていないのでは、打ち切りの危機?という不安もありましたのでこの位置にあるのは嬉しいです。

本編のほうは新撰組の行列にいきなり馬でつっこむというド派手な登場したのが高杉晋作でした、高杉の金髪?といい、かなり思い切ったキャラ設定にしてきましたね、自分が持っていたイメージとはだいぶ違います。
桂のほうはそれほど差異は見られず(高杉の無茶に「良くやった。」というリアクションは意外でしたが)、この辺はバランスを取ったのかな?。

江戸編は新撰組の物語では今まで描かれることがほとんどなかった部分でしたので、結構自由に展開させて行くことができましたが、ここから先は多くの人が知っている部分になるので、自由も効きづらくなりそうなので面白さの維持をうまくやれるのか、と思いましたが杞憂のようです。
相手方もクセ者揃いのヒラマツ版新撰組、京都編も楽しませてくれそうです。

前回活躍していましたのに、今回はなにげに芹沢の死亡フラグが立ってしまう不遇が、アレが起こるのも早いかもしれません。
[PR]
by blackcoffeejp | 2014-06-26 18:05 | エンタメ
<< 最近ハマっているUMAのサイト ネイルケアしてみました >>


心がほっこりするブログ