毎日ほっこりブログ

<   2016年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

あの味が忘れられない…

元彼(年下)が、すごい高級寿司屋に連れて行ってくれました。
ちなみに彼はまだ未成年(笑)
私はてっきりその辺の100円くらいのお寿司屋さんだと思っていたのですが、行ったら大違い!
お店に着いたとたんに緊張し始めました。
というかなぜ彼はこんな高いお店に来れるのだろうか、不思議でした。
通された席は目の前に板前さんがいるカウンター席…。
初めての体験だし、周りお客さん誰もいないし、緊張でどうにかなっちゃいそうでした。
そんな中、まず出てきたのが生牡蠣。
レモンを搾っていただきました。
私は初めて生牡蠣というものを食べたのですが、そのおいしさに思わず声が出てしまいました。
次に小鉢料理が出てきました。
そこにはウニがかかったごま豆腐や、旬のお野菜などがありました。
どれもとてもおいしくて忘れられません。
大トロをはじめとした刺身の盛り合わせもいただきました。
岩塩に刺身をこすっていただく、という珍しいことも体験しました。
とってもおいしかったです。
焼き物には、ステーキや野菜のグリルなどが出てきました。
そしてメインの寿司ですが、これがもうたまらなくおいしかったです。
握りたてのお寿司をいただける喜びと幸福感だけでお腹いっぱいになりそうでした。
本当に美味しいときって何も言えないんですね。
最後に茶碗蒸しとお味噌汁をいただきました。
どれも贅沢すぎます。
最後まで緊張しっぱなしだったけど、こんな幸せなことってあるんだ、と思えた1日でした。
彼には感謝ですね。


[PR]
by blackcoffeejp | 2016-04-29 16:44 | 飲食店

家族皆大満足のトヨタ・ノア

トヨタ・ノアが我が家にやって来て一年が過ぎました。
女性ですが大柄な私はミニバンタイプの室内の高さがあるタイプが好きでしたが、なかなか買い換える事もできませんでした。
月日は流れ結婚し子供も生まれました。
子供がいるとなんと荷物の多い事・・・。



More
[PR]
by blackcoffeejp | 2016-04-25 22:24 | 自動車

慌てて食べたら火傷して舌かんだ!

これは私の不注意でした。
上で少々作業をしていて、夕ご飯のときに下の階に降りて行ったのですけど、そのときに美味しそうなコロッケが盛ってあったのです。
母は席を外していて、私はそれを一口食べるつもりでお箸で取りました。
ある程度熱いのは予想していたけど、思った以上にコロッケ熱くて火傷して「あっちゃー」となったのです。
そしてそのタイミングで母が戻ってきたので、「あついじゃんこれ!」と言おうとしたら、今度はあろうことか火傷した舌をがちっと噛んでしまいました。
完全に二次被害です。
あまりに痛くて泣きそうになりました。
母はそれを見て大爆笑で笑っていて、すごくムカつきます。
それに今までの行動を見ていた弟には「卑しするからだ」と言われてしまいました。
うちの家族は誰も心配してくれません。
なんだかすごく悲しくなりました。
まさか舌が二度も被害に合うとは思わなかったです。
本当に痛かったです。
熱さにびっくりしたと思ったら、今度は痛さにびっくりしました。
もう散々です。
皆さんもアツアツのコロッケには気をつけましょう。
私のように慌てて食べていたら、このような怪我をすることがありますよ。
今度からはもっとちゃんと熱さを確かめてから食べようと思いました。


[PR]
by blackcoffeejp | 2016-04-25 22:19 | グルメ

負の感情を出さないようにするために

誰でも人間なのですから、仕事をしていればうまくいかずにイライラすることもあるでしょう。
あんまりよくないことだとはわかっていても、イライラしない聖人君子が世の中にいるとは思えません。
うまくそういうことと付き合いながら、良いやり方はないかとか、そういう風にならないためにはどうすればいいか考えるのが仕事ということなのでしょう。
要は、イライラすることは仕方ないけど、できればしないようにしたいということです。
だいたいイライラしているときというのは、どんな原因でも自分本位の考え方に陥っているときが多いような気がします。
そういうときというのは、イライラしている自分に気を取られて視野が狭くなっていたりします。
そして、ほとんどの場合は集中力が途切れてしまったり、余分なことに神経を使ってしまって、結果として仕事の効率も落ちてしまいます。
どう考えてもイライラすることに良い面はないというのは明らかな気がします。
冷静な時はこうして分析することが出来ますが、イライラし始めるとそんなことを考えるような余裕はありません。
なので、なるべくこういう感情は抑えておければいちばんよいのでしょう。
少なくとも、大人としてイライラとフラストレーションを感じても、表には出さないようにしたいものです。
どういう風にすればよいのか、うまく自分をコントロールする方法はよくわかりません。
しかし、やっぱりイライラしている時には考えられないことなので、普段から心がけるというほかないのではないかと思います。
なかなか難しいことだとは思いますが、結局はそれが自分のためになるのであれば、取り組む価値はきっとあるのでしょう。


[PR]
by blackcoffeejp | 2016-04-04 16:13 | 資格・仕事

苦痛と喜び・毎日の献立

一人暮らしが5年を超えて、炊事洗濯など自分のためにする家事はもういっさいがっさいなんでも出来るようになりました。
朝は軽くかまたは食べないのですが、昼は職場でほとんどお弁当を持参しています。
お弁当を用意する時間がなければコンビニでお弁当やパンを買ったり、ビジネス街なので割と周辺のランチは充実しているので食べに出たりしています。
ただし、仕事の関係上いつも一人での食事です。
別に嫌われているわけでもなく、単に人数の少ない部署で昼休みも留守番が必要なので個人個人で順番に休憩をとるからです。
そんなわけで朝・昼は決まって一人での食事です。
一人暮らしで実家もそう近いわけでもなく、そうそう毎日職場の飲み会があるわけでもないので必然的に夜も一人での食事が多くなります。
友人もみんな働いていますので、特に平日は3食一人が当たり前。
週末誰かとごはんの約束があったり、なかったり。
こんなさびしい孤食地獄は私だけではないと思います。
家族が欲しいなぁなんて思っていた頃、一緒に食事をする男性が出来ました。
節約とコミュニケーションを兼ねて彼の家へ行って一緒に作って食べることが多いのですが、こういう嬉しい状況になってみると、どうにも人様に食べていただくような料理を普段作っていないことがわかります。
一人で自分用の食事であれば食費・賞味期限は考えますが、栄養バランスや見た目はないがしろにしがちだったようで、とても彼に出せるようなものではないなと思ってしまいました。
彼はといえば男性らしく自炊といっても買ってきた肉を焼いただけ、というようなものばかりなので拙い私の献立でも満足してはくれているようなのですが、人のために献立を考えるのは喜びでもあり、苦しさもあると感じています。


[PR]
by blackcoffeejp | 2016-04-04 16:11 | 料理


心がほっこりするブログ

by blackcoffeejp